お人形の修理の修理は山形県天童市の人形の柴崎

  • TOP
  • >  お人形の修理

お人形の修理や補修はお任せください

たくさんの想い出が詰まった大切な大切なお人形。
確かな技術でお人形の修理を承ります。

人形の柴崎では、お人形の修理や補修も承っております。
長い間飾って頂いたお人形は、年月の経過とともに、汚れや髪の毛の乱れ、
虫喰い、シミ、小物などの破損が出てきてしまうことが少なくありません。
たくさんの思い出が詰まったお人形は唯一無二のものです。
新しい人形にするのではなく、今ある素材を生かし、思い出の姿を取り戻す。
これからも、ご家族の絆にずっと寄り添い続けることができるよう、
当店では確かな技術で、大切なお人形を次の世代に繋いでいくお手伝いをいたします。
まずはお気軽にご相談ください。

お人形の保存と手入れについて

大事なひな人形を上手に保存するコツをお教えいたします。

ほこりが付かないように注意

人形をしまう時には、空気の乾燥した日を選んで、羽根バタキでやさしくほこりを払い落とします。
こまかい部分は歯ブラシを使うとよいでしょう。
箱の中にしまう時は、柔らかい布や紙でそっと包んで、ほこりやチリから守ってあげましょう。
人形を包む時に、手や指で直接人形の顔に触れると脂が付き、そこにシミが付きやすくなるので
注意しましょう。

形くずれを防ぎましょう

布や紙で人形を包む時には、強く包まないようにしましょう。形くずれの原因になります。
衣装着人形はたもとのふくらみがつぶれないように、袖口に薄紙を入れます。
人形を箱の中に収める時には、中でぶつかり合わないように、隙間に新聞紙などを程よい強さで詰めます。

保管場所は湿気のないところ

箱に収めた人形は湿気のないところにしまいます。納戸や押入れの上段、あるいは天袋など家の中の高い所
に保管します。 湿気は人形の敵です。湿度が高い所にしまっておくと顔や衣装にカビがつきシミになった
り衣装が変色したりすることがあります。

乾燥しすぎも大敵

湿気は敵なのですが、かといって乾燥しすぎるのも良くありません。
乾燥し過ぎると顔にひびが入ったりする場合があります。時々、風通しをよくしてやると良いでしょう。
乾燥は、人形を飾るときにも注意が必要です。直射日光が当たる場所は避けて飾って下さい。
衣装が変色したり、痛んだりする原因になります。

防虫剤の使い方に注意を

人形の保存に適している防虫剤はナフタリンを原料にしているものです。人形専門店で販売しているものを
使用すれば安心です。パラジクロル製剤やしょうのう製剤など、他の防虫剤と併用するのはやめましょう。
また、前回使用した防虫剤と別系統のものを使用するのも避けて、毎年同じ種類の防虫剤を使用してくださ
い。 防虫剤は使用法を確かめて、適量を直接人形に触れないように箱の中に入れましょう。

年一回は虫干しを忘れずに

天気がよく空気が乾燥している十月ごろに、虫干しをして風に当ててやってください。この時も直射日光に
当てることは避けてください。再度収納するときは、羽根バタキや歯ブラシなどでよくホコリを払ってから
しまいましょう。

  • TOP 
  • >  お人形の修理

お人形の修理の修理は山形県天童市の人形の柴崎

お人形の修理や補修はお任せください

たくさんの想い出が詰まった
大切な大切なお人形。
確かな技術でお人形の修理を承ります。

人形の柴崎では、お人形の修理や補修も承っております。
長い間飾って頂いたお人形は、年月の経過とともに、汚れや髪の毛の乱れ、虫喰い、
シミ、小物などの破損が出てきてしまうことが少なくありません。
たくさんの思い出が詰まったお人形は唯一無二のものです。
新しい人形にするのではなく、今ある素材を生かし、思い出の姿を取り戻す。
これからも、ご家族の絆にずっと寄り添い続けることができるよう、当店では確かな技術で、大切なお人形を次の世代に繋いでいくお手伝いをいたします。
まずはお気軽にご相談ください。

大事なひな人形を上手に保存する
コツをお教えします。

お人形の保存と手入れについて

ほこりが付かないように注意

人形をしまう時には、空気の乾燥した
日を選んで、羽根バタキでやさしくほ
こりを払い落とします。こまかい部分
は歯ブラシを使うとよいでしょう。
箱の中にしまう時は、柔らかい布や紙
でそっと包んで、ほこりやチリから
守ってあげましょう。
人形を包む時に、手や指で直接人形の
顔に触れると脂が付き、そこにシミが
付きやすくなるので注意しましょう。

型くずれを防ぎましょう

布や紙で人形を包む時には、強く包ま
ないようにしましょう。
型くずれの原因になります。
衣装着人形はたもとのふくらみがつぶ
れないように、袖口に薄紙を入れます。
人形を箱の中に収める時には、中でぶ
つかり合わないように、隙間に新聞紙
などを程よい強さで詰めます。

保管場所は湿気のないところ

箱に収めた人形は湿気のないところに
しまいます。納戸や押入れの上段、あ
るいは天袋など家の中の高い所に保管
します。 湿気は人形の敵です。湿度が
高い所にしまっておくと顔や衣装にカ
ビがつきシミになったり衣装が変色し
たりすることがあります。

乾燥しすぎも大敵

湿気は敵なのですが、かといって乾燥
しすぎるのも良くありません。
乾燥し過ぎると顔にひびが入ったりす
る場合があります。時々、風通しをよ
くしてやると良いでしょう。
乾燥は、人形を飾るときにも注意が必
要です。直射日光が当たる場所は避け
て飾って下さい。
衣装が変色したり、痛んだりする原因
になります。

防虫剤の使い方に注意を

人形の保存に適している防虫剤はナフ
タリンを原料にしているものです。
人形専門店で販売しているものを使用
すれば安心です。パラジクロル製剤や
しょうのう製剤など、他の防虫剤と併
用するのはやめましょう。
また、前回使用した防虫剤と別系統の
ものを使用するのも避けて、毎年同じ
種類の防虫剤を使用してください。
防虫剤は使用法を確かめて、適量を直
接人形に触れないように箱の中に入れ
ましょう。

年一回は虫干しを忘れずに

天気がよく空気が乾燥している十月ご
ろに、虫干しをして風に当ててやって
ください。この時も直射日光に当てる
ことは避けてください。
再度収納するときは、羽根バタキや歯
ブラシなどでよくホコリを払ってから
しまいましょう。