• ひな人形
  • つるし雛
  • 五月人形
  • その他商品
  • メンテナンス・修理
  • お客様より
  • おひさなまあれこれ
  • よくある質問
  • 会社概要
  • リンク
IBイングリッシュ天童校
IBイングリッシュ天童校ブログ

つるし雛

ひなのつるし飾り(つるし雛)って?

つるし雛
「つるし雛」とは、3月3日のお雛祭りの時、お雛さまの脇にお人形を吊るす風習です。江戸時代から伝わる習わしで、祖母や母が子供の幸せ、成長を祈り、一針一針、縫い上げた日本古来の伝統文化なのです。
一体一体のいわれのある人形は、着物のはぎれやちりめんの素材で作り上げ、日本の四季折々の風土に合う柄選び、型取り、縫い上げという行程を経ています。
部品の数が多ければ多いほど柄の種類や型取りや手間などが複雑になりますが、愛情のこもった豪華な「つるし飾り」に仕上がります。中には、100体以上つるされている物もある程です。
お人形、植物、動物、食べ物、果物、手毬、これは子孫繁栄。
動物たちをいたわり、植物は食べ物に困らないように、手毬は家族の幸せ、人の輪、人生の輪を表しております。

.

手毬
家族の幸せ、人の輪、人生の輸。
さる(さるぼぼ)
厄が去る
巾着
わが子が、物やお金に不自由しないように。
三角
香袋。お香は貴重品で薬でもある。(鱗とも言い厄除けとしても使われる。)
金魚
心なごむ金魚。赤は魔よけの色。赤い服のかわいい女の子の象徴。
鶴・亀
鶴は千年。亀は万年。共に長寿の象徴。
ぽっくり
早く歩けることができますように、足が丈夫になるように。
うさぎ
呪力があるとされ、また神様のお使いともいわれている。
団子
食べ物に困らぬように。
神の使い。平和の象徴。むせない、お乳を良く飲めるように。
つばめ
子孫繁栄。縁起が良い。
羽子板
厄をとばす。
座布団
早くお座りができますように。
お手玉
おもちゃ。
被布着
寒がらぬように。着る物に困らぬように。
早く読み書きができるように。
這い這い人形
這い子といい、這えば立て、立てば歩めの親心。子の健やかな成長を麻う。
季節の果物
女の子が一生恵まれる事を願って。
おくるみ赤ちゃん
風邪をひかないように。
でんでん岩鼓
子守りの時に使う。良く眠れるように。

他、その家その人によって、思い思いの物と数を下げる。 

このページの先頭へ